年間第27主日 ガブリ神父様のお説教

 

信仰というものは自分の生き方そのものです。仕事、家庭、病気、死について、私たちは信仰にもとづいた見方をするものです。私たちは他の方と同じ社会に生きているけれども、キリスト者としては見方が違ってきます。

私たちは、とっても成功した時は神に感謝し「これは神さまのおかげです」と言います。「神さまは必要な時に恵みを与えて下さると信じています」と言います。また、つらいときや失敗したときは、神さまが必ずゆるしてくださると信じます。回心すればチャンスをいただけるし、人生の最後に死ぬとき、死は新しい永遠のいのちへの出発と信じ、勇気づけられます。それが私たちの生き方です。

ただ、そんな信仰生活のなかでも、自分には信仰が足りない、信仰がうすいと感じるときがあります。

第1朗読で読まれるハバクク書では、「主よ、わたしが助けを求めて叫んでいるのに いつまで、あなたは聞いてくださらないのか。わたしが、あなたに『不法』と訴えているのに あなたは助けてくださらない」との助けを求めて叫んでいます。

困難な状況が続くとき、願いがかなわなかったとき「やっぱり神さまはいないのか…」などとがっかりすることはありませんか。または神を疑わないまでも、信仰のあついうすいの問題として考えることはよくあります。本日の朗読によると、それは間違いということになります。イエス様にとって信仰とはたとえ小さなものでも、山を動かすほどの力を秘めているのです。

福音書では、「信仰を増してください」との使徒たちの願いに、「もしあなたがたにからし種一粒ほどの信仰があれば、この桑の木に、『抜け出して海に根を下ろせ』と言っても、言うことを聞くであろう」と言われています。

私たちの信仰を考えるとき、自分の中にある「からしたね」に思いをはせる必要があります。
そして、パウロがエフェゾ教会の司牧者であった若いテモテに語った言葉を思い起こしたいと思います。

「神の賜物(たまもの)を、再び燃えたたせるように」
「神の力に支えられて、福音のためにわたしと共に苦しみを忍んでください
「あなたにゆだねられている良いものを、わたしたちの内に住まわれる聖霊によって守りなさい」

 

神に感謝。

年間第26主日 ガブリ神父様のお説教

今日の福音の個所は、ルカの福音書にのみ書かれているエピソードです。ルカにあっては、信仰者にとってのお金のむずかしさは、見過ごせないことでした。

今日の福音のなかでは、ある金持ちが他界し、その金持ちの家の前にいた、食物もなく、体中できものだらけだった者(ラザロ)も他界した。死後、金持ちは地獄の炎に苛まれ、ラザロは天国でアブラハムの隣に座った。

金持ちは反省し、自分の兄弟が同じ目に合わないように、死者を復活させて兄弟のもとへ遣わして、よく言い聞かせてほしいとアブラハムに懇願しますが、アブラハムは「モーセと預言者に耳を傾けないのなら、たとえ死者の中から生き返る者があっても、その言うことを聞き入れはしないだろう」と答えます。

福音のなかで、金持ちは悪い人とは書かれていません。また、ラザロが善い人だったとも書かれていません。ただ、この福音は、わたしたちの生きる目的についての示唆があると思います。すなわち貧しき者への助け、あわれみです。金持ちはラザロが自分の家の門前にいたのが見えなかったわけではありませんが、心の中ではラザロはすっかり存在しない者になっていたのです。

お金は、人を“見えない者”にしてしまうものです。それを集めれば集めるほど、貧しい者への関心が薄れる危険をはらんでいます。とくに信仰者にとってはその危険があるものなのです。

教皇ミサin 東京 赤堤教会での受付開始

教皇ミサin 東京

Papal Mass in Tokyo  11月25日 15:30-17:45

教皇様が38年ぶりに来日されます。教皇様にお目にかかれる日まであと57日です!

各教会として参加人数をとりまとめていますが、赤堤教会でも参加申し込み用紙をまとめていますので、参加されるかたは聖堂入口にある箱に申込用紙を入れてください。

papalmass2019

アヴェ・マリア (ルルド巡礼)

ヨゼフ、マリア、イエス、ヨゼフ、マリア、イエス、ヨゼフ、マリア、イエス。。。。これはある信者の方が亡くなる前、こん睡状態で唱えていたお祈りだと、神父様に教えてもらったことがありました。
わたしたちは聖書を読みます。HP管理人のようななまけものクリスチャンでも、主日には教会で朗読するのを聞いています。聖書は知っていても、こん睡状態で新約聖書をしゃべり始めるひとはいないです。だから、何も言葉にできないほど困ったら、苦しかったら、一心に主の名を呼んでみる。主に呼びかけて、求めてみる。私の祈りは、主よ憐れみたまえ、キリスト憐れみたまえ。主よ憐れみたまえ、キリスト憐れみたまえ。。。。。。クリスチャンとしてどうかは知りませんが、口をついて出てしまうのです。ルルド巡礼の信徒たちの歌を聴いていて、そんなことを考えました。

年間第16主日 ”マリアとマルタの家のキリスト” ガブリ神父様のお説教

先日やっと司祭館の工事がおわりました。それで、しばらくぶりに庭の手入れをしたのですが、これが楽しく、あまりに楽しかったので、余計なことまでしてしまいました。そのとき余計に切ったアサガオがこちらの花瓶にさしてあります(笑)。

1967年、わたしは高校を卒業しました。当時、カナダはモントリオール・エキスポがあって、みんな将来に希望を抱いていました。そのときよく話されていたのが、将来は趣味だけしていればいいような世の中になるということ。仕事などしなくてもよく、趣味をしていればそれで暮らしていけるという希望が広まっていました。そんななか、私と同級生は、あるものは大学へ進学し、あるものは仕事についたりと、各々が決めた道を歩み始めました。

さて、あれから50年以上が経ちましたが、どうなったでしょうか。現代は、私が高校を卒業したとき時代より、もっと人間は働いている、もっと忙しく、なっているような気がします。

携帯電話がうまれ、PCがうまれ、仕事が”楽”になりました。コンピューターが計算してくれるので仕事はすごく”楽”になりました。けれども、その分、働いている人のノルマは増えてきた。携帯で連絡できるので、こんどやるのではなく、すぐにやってということになります。すぐに連絡がとれるので楽に仕事を与えられるのです。

しかし、楽になった分、プレッシャーになる部分も増えましたよ。私のような人間でも、「神父様どうして携帯に出ないのですか」「神父様携帯を持っていないのですか」等々言われることが次第に増えました。もちろん私はすぐに返事しますが、ときにはそれが出来ないこともあります。

また、誰かと話しているときに携帯が鳴ると、「すみません、いま電話が来てしまったので、ちょっと失礼します」といって、会話は中断します。これって便利なのかな、と不思議に思います。

ある日、夜のレストランで友達や家族がお互いに携帯をさわって、一言も会話がないまま食事を終えて出て行く場面に出くわしたこともあります。これはびっくりを通り越して、なんとも悲しい気持ちになります。

皆さんご存知ですが、私はよく人の結婚式に出ます。結婚式の最後のほうになって、少しだけ時間をいただくこともあるのですが、そんなときは次のような話をします。

「ひとつだけ言わせてください。結婚記念日を覚えておいてください。1、2年は忘れない人が多いですが、それ以降になると忘れている人もいます。結婚記念日は忘れずに、できれば2人だけで、また家族だけでレストランで食事をするといいと思います。でもそのときは、携帯電話、アイパッド、アイフォン、すべてのそういうものを家に置いて出かけてください。二人だけ、家族だけの時間にしていただきたい。毎年これを続ければ、当人たちにとって、振り返ると宝物のような時間になっていることは間違いありません。」

ここまでお話しすると、皆さんは、今日の福音朗読とのつながりがもうお分かりですね。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

一行が歩いて行くうち、イエスはある村にお入りになった。すると、マルタという女が、イエスを家に迎え入れた。

彼女にはマリアという姉妹がいた。マリアは主の足もとに座って、その話に聞き入っていた。

マルタは、いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていたが、そばに近寄って言った。「主よ、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、何ともお思いになりませんか。手伝ってくれるようにおっしゃってください。」

主はお答えになった。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。

しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」

(ルカ10・38-42)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

実際のところ、私も似たような失敗をしています。先日も、知り合いの青年がカナダから友人を連れて日本に遊びに来るので、司祭館にとめて欲しいという若者がいましたが、私は歓迎したい気持ちはありましたが、司祭館が工事中ということもあり、断ってしまいました。でも、まったく泊まる事ができないほど工事していたかどうか、わからないのに、断ってしまった。わたしは彼を大切にするより、なにか別のことを優先させてしまったと、とても後悔しています。

私もみなさんも、本当に大切なものを中心にした生活が送れるように、神さまの恵みを求めましょう。

善きサマリア人の例え

本日の新約聖書の朗読は、善きサマリア人の例えとして知られる箇所(ルカ10・25~37)でした。弱き者を見捨てず、助けの手を差し伸べること、これが神である主を愛することと同じく大切なこととされています。

イエスはお答えになった。「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばにくると、その人を見て憐(あわ)れに思い近寄って傷に油とふどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか」(ルカ10章30-36節)。 「隣人とはだれですか」との問いに対し、イエスは「だれが隣人になったと思うか」との問いを返された。 律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい」(ルカ10章36-37節)。

聖書の引用については下のリンクからお読みください。

29. 神の愛と隣人愛・サマリア人のたとえ

あまりにも有名なこの善きサマリア人のたとえですが、これに呼応する旧約聖書の箇所が、とても興味深いので、ご紹介します。

「主はモーセに仰せになった。イスラエルの人々の共同体全体に告げてこう言いなさい。あなたたちは聖なる者となりなさい。あなたたちの神、主であるわたしは聖なる者である。心の中で兄弟を憎んではならない。同胞を率直に戒めなさい。そうすれば彼の罪を負うことはない。復讐してはならない。民の人々に恨みを抱いてはならない。自分自身を愛するように隣人を愛しなさい。わたしは主である。」(レビ記 19章1-2.17-18章)

このなかで、神様が言われています。兄弟を憎むな、戒めるなら率直にしろ。復讐をするな、恨みを抱くな。自分自身を愛するように、隣人を愛せよ、と。

日常生活における悲しいこと、不安なこと、悔しいことに直面したとき、その難局を乗り切るための、本質的なこたえが、ここにあるような気がします。私のちっぽけな存在、プライド、心配…などは問題ではないのです。神様が上のようにお命じになっているのです。この御言葉に従えば、あとは何を思い悩むことがあるでしょうか。信仰が私たちの命の糧なのだと実感します。

ボランティアの活動報告

教会委員会のボランティア担当の委員から、活動報告がありました。ボランティアを体験するために行った、山谷地区のスタディツアーでは、仕事、家族や住まいを「喪失した」よりも、他の人のために仕えることに目的を見出し、「満たされている」人々がたくさんいて驚いた、との感想が報告されました。

このほか、赤堤教会の信徒が参加している東京、神奈川のボランティア活動が報告され、各々関係者の方が新しいメンバーの参加を呼びかけました。

IMG_4311-3